入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

フリーダイヤル 0120-117-258

サ高住、高齢者向け賃貸住宅、有料老人ホーム。あなたに合った住まいがきっと見つかる!

イチイの高齢者向け住宅情報

グッドライフシニア

入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

0120-117-258

  • 月~土
  • 9:00~18:00
  • 祝日
  • 9:30~
  • 定休:日,第2・3水
無料で資料請求する
 

シニアNEWS

ペット可新型コロナウイルスの流行により自宅で過ごす時間が増えました。

多くの方が不安やストレスを抱えていますが、そんな中、愛犬たちも何かしら自粛の影響を受けているかもしれません。

今回は、愛犬家にとって興味深い「コロナ期間で感じた愛犬の体調の変化について」の調査結果をご紹介します。

調査対象は犬を飼っている人300人。調査内容は、「愛犬の体重変化」「トリミングサロンに行く頻度」「動物病院に行く機会」「その他、健康面の変化」についてです。

コロナ期間でも愛犬の生活や体重にはほぼ変わりなし!

「コロナ期間で愛犬の体重に変化はありましたか?」(回答数:300)と質問したところ、「増えた」が16.3%、「減った」が5.0%、「変わらない」が75.7%という結果になりました。
全体の3/4が「変化なし」と回答しました。

「増えた」という回答には、下記のような理由が挙げられます。
・テレワークや外出自粛で飼い主が自宅にいる時間が増え、自然とおやつをあげる量が増えてしまった
・感染リスクを避けるため、散歩の時間が短くなった
・よく連れて行ったドッグランなどにいけなくなり、運動不足を感じている

一方、全体の3/4を占めたのが「変わらない」という回答。
・散歩の量などを変えていないので、犬の生活自体は特に変化が無い
・飼い主も家にいる時間が増え、おやつの量も増えたがその分散歩の量も増えた
・おやつ・遊びの時間が増えたので、飼い主・犬共に健康になったのでは

という声もあるように、人の生活には変化があったものの愛犬のお世話は努力している飼い主が多いようです。

また、「変わらない」「減った」のどちらにも見られたのが、「飼い主と一緒にダイエットをしている」という回答でした。このように、コロナ期間で自宅にいる時間が増えたからこその愛犬との取り組みも見られました。

トリミングサロンに行く頻度は減少傾向!

「コロナ期間で愛犬をトリミングサロンに連れて行く頻度は変わりましたか?」(回答数:300)と質問したところ、「増えた」が0.3%、「減った」が12.0%、「変わらない」が87.7%という結果になりました。
感染リスクを懸念する飼い主が多数を占めます。

「減った」という回答には、下記のような理由が主に挙げられ、やはりコロナウイルスの感染リスクを懸念している飼い主が多いようです。
・サロンも感染リスクがあるので、行く頻度は少なくなった
・犬も感染するというニュースを見て、不特定多数が集まる場には連れて行かなくなった
・サロンではなく自宅でカットするようにしている

また、「サロンが入店制限している」「サロンの制限で予約が取り辛くなった」など、トリミングサロン側でも感染対策の動きが見られ、自然と行く頻度が減ったという回答も見られました。

一方、ほぼ9割を占めたのが「変わらない」という回答
・決めたローテーションがあるから

など、愛犬のためにサロンに行く頻度は変えていないという意見が見られました。

また、意外にも多かったのが「コロナ以前から自宅でトリミングをしている」という意見。そもそも影響を受けていないという飼い主も一定数いるようです。

病院に行く頻度はほぼ変化なし!

 
「愛犬を動物病院につれていく機会はコロナ以前より増えましたか?減りましたか?」(回答数:300)と質問したところ、「増えた」が5.3%、「減った」が7.3%、「変わらない」が87.3%という結果になりました。
愛犬の体調を優先する声が多数です。

「増えた」「変わらない」という意見には、やはり犬の体調管理を最優先にしているという意見が多く見られました。

また、病院という場所柄、感染対策がしっかりされていると安心感を抱いている人もいるようです。
・犬が高齢なので、定期通院はやめられない
・体調を崩してしまったので、感染リスクよりも命を優先した
・ワクチンを打つ頻度が決まっているから
・近くの病院はしっかり感染対策がされているので

一方、「減った」という意見には、コロナウイルスの感染リスクを懸念し、病院に関しても外出自粛を意識している飼い主が一定数いるようです。

愛犬の健康面の変化について

上記3つの質問の他、愛犬の健康面について気付いたことを自由に記載してもらいました。

最も多かったのが、「お留守番が苦手になった」という回答でした。下記のような理由から、人といる時間が増えたことでに耐えられなくなってしまった愛犬も多いようです。
・飼い主が家にいる時間が増えたので、たまに犬を残して外出する時に以前よりも吠えるようになった
・家にいる時間が増え、前よりも甘えん坊になった
・出かける時に凄く寂しそうな顔をするようになった
・家にいる時間が長くなり分離不安になりかけている

次に多かったのが、「愛犬がストレスを感じている」という回答でした。
・散歩はしているが、ドッグランの頻度が減ったのでストレスなのでは
・やや運動不足のような気がする
・など、運動不足を理由に挙げている人が多いようです。

・家にずっと人がいるので、犬の日中の睡眠量が減った
・睡眠不足からか、食欲が減った
など、飼い主が自宅にいる時間が増えたことで、愛犬の生活サイクルが変わってしまったことを挙げている回答も見られました。

その他にも様々な意見が見られ、特に愛犬の精神的な面での変化を感じている飼い主が多いことが分かります。
・ドッグランなどに行く機会が減り、社会性が失われつつある
・散歩中、他の犬に対する好き嫌いが増えた

まとめ

「愛犬の体重」「トリミングサロンに行く頻度」「病院に行く頻度」のアンケート結果では、いずれの質問でも「変わらない」という回答が最も多く、約8割を占める結果となりました。

感染リスクを避ける行動や外出自粛の動きは見られるものの、コロナ期間であっても愛犬の健康を気づかう飼い主が多いことがわかりました。

健康面の変化は無いと回答する人が多い一方で、生活リズムの変化によるストレスや、飼い主と一緒にいる時間が増えたことによる分離不安症など、精神面での負担を心配する回答も見られました。

コロナウイルスの影響により、今までの日常が変わってしまったのは飼い主も愛犬も同じようです。健康面だけではなく精神面でもしっかりとケアを行っていきたいですね。

高齢者施設の選び方と注意点ペットと暮らせる共生型【サ高住・高齢者賃貸】物件リスト(首都圏)
快適な暮らしを支えるきめ細やかなサービスの整った住まいで、愛するペットと一緒に理想のセカンドライフを考えてみませんか?2021年4月21日

関連記事
【ペットとシニアが安心に暮らせる!】共生型のサ高住・高齢者向け賃貸(首都圏一覧)
高齢者がペットと暮らすため知っておくべき「正しい飼育のポイント」
ペットと住める賃貸「ペット共生型」と「ペット可」の違いと特徴


相談実績1万件以上、サ高住都内物件数TOPクラス!
専任アドバイザーが、資料提供、見学会の手配・同行など、お部屋のご案内から契約までトータルサポートいたします。
グッドライフシニア新宿営業所 アドバイザー紹介

高齢者施設の入居に関するご不安・ご不明な点などございましたらお気軽にご相談ください。
尚、お電話のお問合せの場合は「グッドライフシニア」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
フリーダイヤル 0120-117-258

グッドライフシニア問い合わせグッドライフシニア資料請求