入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

フリーダイヤル 0120-117-258

サ高住、高齢者向け賃貸住宅、有料老人ホーム。あなたに合った住まいがきっと見つかる!

イチイの高齢者向け住宅情報

グッドライフforシニア

入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

0120-117-258

  • 月~土
  • 9:00~18:00
  • 祝日
  • 9:30~
  • 定休:日,第2・3水
無料で資料請求する
 

都会と田舎で暮らす|マルチハビテーション(2地域居住)とは?

マルチハビテーション2地域居住 

マルチハビテーション(マルハビ)とは

マルチハビテーション(マルハビ)とは、マルチ(多様の)とハビテーション(住居)を組み合わせた造語です。これは1つの地域に定住するのではなく、都市と田舎、日本と海外など、2つ以上の地域に住まいを持ち暮らすことを意味します。

都心部に暮らす者にとって田舎暮らしは憧れですよね。「定住はしないけれど都市と田舎の両方に家を持ちたい」。そんな2地域居住のニーズがアクティブなシニア層に大変求められています。

都会から田舎へのマルチハビテーション

お仕事をされている場合が、平日は今まで通りに生活の基盤は都心部に置いておく。そして、週末は自然のある田舎で暮らしながら、家庭菜園や温泉に入ってのんびりと暮らす。

また、リタイアされている方は、好きなときに好きな期間だけ別荘感覚で田舎と都会を行き来したり。なんとも贅沢な理想的な暮らし方ですよね。そして大都市に住む人ほど、マルチハビテーションに対して肯定的な考え方を持っているようです。

田舎から都会へのマルチハビテーション

ウィークデーに都市部で仕事に集中し、週末に田舎暮らしをする都会から田舎へのマルハビとは逆に、田舎で生活をしながらビジネスや遊び、学びのための拠点を都心に置く、田舎から都会へのマルハビ。

たとえば、息子や娘さんが東京で結婚して共働きをしている場合など、孫の世話をするために近居をして東京と田舎を行き来する。そういったスタイルのマルハビをされている方もいらっしゃいます。

都会と田舎を使いこなすことで、高度な都市機能と豊かな自然環境を同時に楽しむむことができます。また、異なる環境での暮らしや人々との交流は、一つの場所で暮らしている時には見えないような新しい発見や出会いがあり、きっと今までとは違う価値観が生まれてくるはずです。

 この都会と田舎を行き来するマルチハビテーションが、生活にもゆとりの出来たアクティブなシニア世代を中心に、今後ますます増えていくと予想されます。

生活の拠点を2ヶ所に置かず、老後は環境の良い田舎に移住したいとお考えの方には、自宅を売却せずに貸す「家賃保証システム」もおすすめです。自宅を売却してから移住する方法が一般的ですが、売却しないで賃貸にすれば、毎月入ってくる家賃収入で新しい生活をエンジョイすることができるうえ、売却していないのでご自宅が資産として残ります。
ご興味のある方はこちらのページをご覧ください。■住み替え運用、および資産運用


関連記事
【老後の移住計画】その前に!抑えておきたいポイントや注意点
田舎暮らしのアドバイス
海外ロングステイ、その魅力とは?
シニア向け公開講座(大学オープンカレッジ)一覧
団塊世代とマルチハビテーション
フィリピン ダバオってどんなところ?


高齢者施設の入居に関するご不安・ご不明な点などございましたらお気軽にご相談ください。
尚、お電話のお問合せの場合は「グッドライフシニア」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
フリーダイヤル 0120-117-258

グッドライフシニア問い合わせグッドライフシニア資料請求
相談実績1万件以上、サ高住都内物件数TOPクラス!
専任アドバイザーが、資料提供、見学会の手配・同行など、お部屋のご案内から契約までトータルサポートいたします。
グッドライフシニア新宿営業所 アドバイザー紹介

◆安否確認、緊急対応、食事サービスなどのサポートがある自立型高齢者向け賃貸住宅
サ高住の一覧
◆バリアフリー対応や緊急駆け付けサービスなどのある高齢者専用の賃貸住宅

◆24時間スタッフが常駐し、食事や身の回りの世話などの介助サービスを提供

ご成約者さま全員に1万円分のJCBギフトカードをプレゼント中です。