入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

フリーダイヤル 0120-117-258

サ高住、高齢者向け賃貸住宅、有料老人ホーム。あなたに合った住まいがきっと見つかる!

イチイの高齢者向け住宅情報

グッドライフforシニア

入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

0120-117-258

  • 月~土
  • 9:00~18:00
  • 祝日
  • 9:30~
  • 定休:日,第2・3水
無料で資料請求する
 

時代と共に様々に広がるシニアの暮らし方|マルハビ・二地域居住・永久帰国

時代と共に多種多様になった高齢者のライフスタイル

マルチハビテーション二地域居住新型コロナウイルス感染症の影響により、企業がテレワーク(在宅勤務)を推奨し、通勤しなくても地方でも仕事をすることが可能な時代となってきました。

これまで、仕事のことがネックとなり田舎暮らしを諦めていた人が、コロナをきっかけに、また定年後に地方移住や二地域居住へ関心を高めています。

また、海外で暮らしていた日本人が老後を迎え日本に帰国する「永住帰国」も増えています。

このページでは、定年を迎えたシニア世代にどのような“暮らし方”の選択があるかについて参考になる記事をご紹介いたします。


海外から日本に「永久帰国」

若いころは仕事や結婚など、さまざまな理由で日本を離れていたものの年月を経て老後は故郷で暮らしたいと日本への帰国を考える方が増えています。
日本に永久帰国や移住を望む人が増えている理由|その魅力を大解剖!


老後は都心と田舎、日本と海外で暮らす「二地域居住」

都会に暮らす者にとって田舎暮らしは憧れですよね。「定住はしないけれど都市と田舎の両方に家を持ちたい」。そんなシニアに求められる新しい住まいのスタイルです。
二地域居住とは?


マルチハビテーション

マルチハビテーションはマルハビとも呼ばれ、英語で“多様”や“複数”の「マルチ」と住居の「ハビテーション」を組み合わせた言葉です。都市と田舎、日本と外国など2つ以上の複数の地域に生活の拠点を持つことを意味します。
マルチハビテーション(マルハビ)とは?


近居

親世代が、子どもの家の近くに住み同居ではなく近居をする方も多くなっています。自宅はそのまま、あるいは処分して賃貸マンションなどに入居をし、何かあったときに、お互いがすぐに助け合えるというのがメリット。育児中の場合、子どもは親に子育てを手伝ってもらえる利点があります。

近居とは?


田舎暮らし

田舎暮らしをする際に抑えておきたいポイントがいくつかあります 。交通機関や医療機関のこと、また、ご自身の楽しみを移住先でも続けられる趣味の場のこと。移住先は、生活基盤の安定を踏まえて選ぶことが重要です。
田舎暮らしをする前に!抑えておきたいポイントや注意点


海外移住

シニア世代のアジアへの短期・中期のロングステイは、「旅行でもなく」かといって「移住でもない」、新しい海外での暮らしスタイルです。
物価の安いアジアの国に目を向け、定年後に海外で年金生活をする場合のポイントをご紹介しています。
海外ロングステイ、その魅力とは?


人生100年時代到来といわれています。70歳になってもまだまだフットワークの軽い元気なシニアが増えています。

視野を広げさまざまな生き方やライフスタイルで人生を楽しみたいものです。

(グッドライフシニア編集部)


相談実績1万件以上、サ高住都内物件数TOPクラス!
専任アドバイザーが、資料提供、見学会の手配・同行など、お部屋のご案内から契約までトータルサポートいたします。
グッドライフシニア新宿営業所 アドバイザー紹介

高齢者施設の入居に関するご不安・ご不明な点などございましたらお気軽にご相談ください。
尚、お電話のお問合せの場合は「グッドライフシニア」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
フリーダイヤル 0120-117-258

グッドライフシニア問い合わせグッドライフシニア資料請求
◆安否確認、緊急対応、食事サービスなどのサポートがある自立型高齢者向け賃貸住宅
サ高住の一覧
◆バリアフリー対応や緊急駆け付けサービスなどのある高齢者専用の賃貸住宅

◆24時間スタッフが常駐し、食事や身の回りの世話などの介助サービスを提供

ご成約者さま全員に1万円分のJCBギフトカードをプレゼント中です。