入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

フリーダイヤル 0120-117-258

サ高住、高齢者向け賃貸住宅、有料老人ホーム。あなたに合った住まいがきっと見つかる!

イチイの高齢者向け住宅情報

グッドライフforシニア

入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

0120-117-258

  • 月~土
  • 9:00~18:00
  • 祝日
  • 9:30~
  • 定休:日,第2・3水
無料で資料請求する
 

高齢者世帯の平均貯蓄額はいくら?求められる老後の資金計画

老後を安心に生活するには、いったいどれくらいの貯蓄が必要なのでしょうか?

シニア世代

総務省統計局「平成22年度 家計調査」によると、日本の年金暮らし世帯の平均年金収入は月額16万1105円、平均支出は月額23万784円となり、年金暮らしの生活は月額6万9679円の赤字となっているそうです。

さらに、生命保険文化センターの調査によると、世帯主や配偶者が要介護状態となった場合には、介護保険以外で必要とする資金の平均は675万円という調査結果がでており、ある程度のまとまった貯蓄額が必要ということが分かります。

高齢者世帯の貯蓄額

厚生労働省の平成22年国民生活基礎調査によると、高齢者世帯(65歳以上のみで構成するか、これに18歳未満の未婚の者が加わった世帯)の平均貯蓄額は以下の通りです。

貯蓄がない 11.1%
50万円未満 6.3%
100~200万円 7.1%
200~300万円 5.8%
300~400万円 5.7%
400~500万円 3.0%
500~700万円 8.1%
700~1000万円 6.1%
1000~1500万円 9.4%
1500~2000万円 5.2%
2000~3000万円 7.3%
3000万円以上 10.2%
貯蓄あり額不詳 6.8%


となっており、1世帯当たり平均貯蓄額は1207.1万円でした。

ちなみに、貯蓄の目的について、全国の55歳以上の男女を対象に内閣府が調査・発表した「高齢者の経済生活に関する意識調査」(平成23年)を見てみると、「病気・介護の備え」が62.3%でもっとも多く、次いで「生活維持」が20.0%という内容にっています。

一般的に、老後に必要なお金は約8,000万円(夫婦二人の場合)で、いまの年金制度のままでいけば、この金額の大半は年金でまかなえるといわれています。しかし、未来の日本経済がどうなるのかわかりません。

安心な老後を迎えるためには、老後に必要な資金について情報収集し、貯蓄、年金、資産運用など対策を練っておくことが必要ですよね。

(シニア賃貸ガイド 編集部)


関連ページ

ご成約者さま全員に1万円分のJTBギフトカードをプレゼント中です。


高齢者施設の入居に関するご不安・ご不明な点などございましたらお気軽にご相談ください。
尚、お電話のお問合せの場合は「グッドライフシニア」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
フリーダイヤル0120-117-258

グッドライフシニア問い合わせグッドライフシニア資料請求


サ高住・高齢者住宅・老人ホームの一覧は以下のバナーをクリックしてご覧ください。
アクティブなシニアの方が安心快適に暮らせるよう、安否確認、緊急対応、お食事サービスなど各種サポートのある高齢向け賃貸住宅。
サ高住の一覧


高齢者が安心して生活できるよう配慮されたバリアフリー対応や緊急駆け付けサービスのある賃貸住宅です。


24時間スタッフが常駐し、食事や身の回りのお世話から介助サービスまでが提供される施設です。


相談実績1万件以上、サ高住都内物件数TOPクラス!
専任アドバイザーが、資料提供、見学会の手配・同行など、お部屋のご案内から契約までトータルサポートいたします。
シニア新宿営業所 アドバイザー紹介

おすすめ施設リスト

東京23区|おすすめサ高住リスト
東京都23区外|おすすめのサ高住・高齢者向け賃貸住宅・老人ホーム