入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

フリーダイヤル 0120-117-258

サ高住、高齢者向け賃貸住宅、有料老人ホーム。あなたに合った住まいがきっと見つかる!

イチイの高齢者向け住宅情報

グッドライフシニア

入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

0120-117-258

  • 月~土
  • 9:00~18:00
  • 祝日
  • 9:30~
  • 定休:日,第2・3水
無料で資料請求する
 

ペットと豊かに暮らせる高齢者向け賃貸「選び方のポイント」

ペット

共に暮らすペットはまさに家族の一員です。とはいえ、高齢者にとってはそもそも賃貸住宅を探すのも大変な上に、ペット可となると、なかなか見つけられないという声は多いですね。

ペットがいると、隣近所の目も気になります。うるさいと思われていないか、匂いは大丈夫か、管理会社にクレームを入れているかも……気にし始めると、本来は必要のない悩みまで抱えてしまうことに。それだけに賃貸住宅選びも慎重になります。

今回の記事では、高齢者がペットと楽しく暮らせる賃貸住宅選びのポイントをまとめました。

 

1.ペット可でも内容をしっかり確認

最近はペット可能となっている賃貸住宅が非常に増えています。ところが規約をよくよく見ると「猫はいいが犬はダメ」だったり「小型犬はいいが中型犬以上はダメ」「爬虫類はダメ」もあります。中には犬や鳥の種類まで細かく決められている賃貸もあります。また猫や犬が大丈夫でも「1匹まで」と数の制限があるケースも。
かならず、どのようなペットならOKなのか、どのような規定があるのかをしっかりと確認しましょう。

 

2.ペット相談可とペット前提の賃貸住宅の違い

賃貸住宅を探していると、よく見かけるのが「ペット応相談」「ペット可・相談」といった表記です。基本的に「ペット相談」「ペット可」だけの表記は、ペットを飼うことは許可されていますが、当然ながらペットを飼っていない住人の方もいる一般賃貸です。ペットが苦手な人もいるかもしれず、他の住人に対する気配りを怠らないようにしなくてはなりません。

数は決して多くはありませんが、もし見つけられたらベストなのはペットと一緒に暮らせる賃貸としてアピールしている物件、入居者をペットを飼っている人を対象にしている物件です。

ペットが苦手な方やアレルギーのある方などを気にしなくていいので暮らしやすさはバツグンです。さらに、こうした賃貸住宅では、たとえばペット専用の洗い場があったり、ドッグランのようなスペースがあったりします。常にこうした賃貸が見つかるとは限りませんが、エリアをあまり絞りすぎずにペットとの暮らしを第一に考えて根気よく探してみましょう。

 
ペットペットが飼える賃貸というと、「ペット可」「ペット相談」が一般的ですが、近年では、「ペット共生型賃貸住宅」なる賃貸も登場し、愛犬家・愛猫家が賃貸住宅でも快適に暮らすことができるようになりました。
ペットと快適に暮らせる「ペット共生型賃貸」とは?
 

 

3.周辺の環境もチェックしましょう

ペットの種類にもよりますが、ペット用品のお店があるか、動物病院が近くにあるかなども事前に確認しましょう。たとえばお子さんのいる家庭なら、良い学校があるか、子どもが遊べる公園があるか、小児科が近くにあるか、などもチェックしますよね。

ペットのいる方も同じように、ペットにとって良い環境であるか、ペットを飼う人にとって便利な地域であるかも確認しておきたいポイントです。特に高齢になると、遠くの病院まで連れていくことも難しくなってくるでしょう。生活圏内でペットのお世話がしやすい環境であるかも、実際に周囲を散策するなどして自分の目で見て確認したいですね。

 

4.高齢者向け賃貸であるかどうか

高齢者向け賃貸

ペットと暮らせる賃貸住宅自体が少ないのに、加えて高齢者向けの条件をつけたら「見つかるわけがない」とあきらめている人もいるようです。

確かにこうしたペットOKで高齢者向け賃貸住宅は少ないのは事実です。しかしペットを大事に思うあまりに、自分自身の体調や必要なサポートを受けられるかどうかを後回しにしてしまうのも、よくありません。なぜなら、ペットと共に暮らすパートナーである「あなたの健康や過ごしやすい環境」があってこそ、ペットも安心して過ごせるからです。

高齢者向けの賃貸住宅は、たとえば次のようなサービスがついているところが多いです。

  1. 安否確認
  2. 緊急対応
  3. 生活支援

加えて、必要になった場合には訪問介護サービスや訪問診療を自宅で受けられるシステムが整っているところもあります。高齢になると、そうそう何度も引っ越しをするわけにもいきません。今は「ちょっと体がしんどいこともあるけれど、まぁ大丈夫だろう」と思っていても、それからわずか数年もたたずに、支援サービスが必要になるかもしれません。

そこから再びペットと一緒に引っ越せる賃貸住宅を探すのはなかなか大変です。できれば、最初からある程度の高齢者支援やサポート体制が整っている賃貸住宅を見つけたいですね。

細かい相談に応じてくれる担当者を見つけたい

高齢者向け賃貸に強い不動産会社を見つけるのは大事です。しかし、それ以上に重要なのが担当者との関係です。さまざまな条件に耳を傾け、親身になってシニアライフのプランを共に考えてくれる担当者と出会えるといいですね。

もちろん人と人ですから、相性もあります。ペットと暮らせる高齢者にとって住みやすい賃貸物件を二人三脚で探してくれる担当者が見つかるまで、あきらめずに粘り強く探してください。

そのためにも時間に余裕をもって、早めに準備をスタートすることをおすすめします。

ペットと過ごす「豊かで温かい暮らし」を実現しましょう

ペットと暮らす賃貸住宅を探すのは簡単ではないかもしれません。でも、愛するパートナーであり、友人であり、家族であるペットと、のんびりとマイペースで過ごせるように、なるべく希望の条件に合う賃貸住宅を探したいですね。

新しい住宅に引っ越すのは年齢を重ねるにつれて大変になります。なじみのない地域に移るのは不安もあるでしょう。でも、ペットを通じて、新しい住まいで新しいお仲間に出会える可能性だってたくさんあります。

年齢が上がるにつれて、生活範囲も狭まり、交友関係もかたまってしまいがちです。ペットという素敵な暮らしのパートナーがいるのですから、ペットを通じて新しいお友だちを作ったり、環境を変えてペットと共に「さぁ、これからが第二の人生!」と、新しいライフステージへと舵を切ってみませんか?
 

大橋 礼筆者:大橋 礼
主に教育・ライフスタイルを中心に執筆するフリーライター。自身の介護経験と親世代・子世代両方の視点から取材を行いリアルな声を届ける。サードエイジ世代の新しい暮らしと50代からの豊かな人生を求めて模索中。

ペット関連記事
ペットの癒しでシニアを笑顔に!認知症予防にも効果的
高齢者がペットを飼うときに|知っておくべき飼育法と困ったときの対処法
シニアもペットも歓迎!シェアハウス「J&Fハウス関西2」1ヶ月から利用可

タグ: