入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

フリーダイヤル 0120-117-258

サ高住、高齢者向け賃貸住宅、有料老人ホーム。あなたに合った住まいがきっと見つかる!

イチイの高齢者向け住宅情報

グッドライフforシニア

入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

0120-117-258

  • 月~土
  • 9:00~18:00
  • 祝日
  • 9:30~
  • 定休:日,第2・3水
無料で資料請求する
 

新着情報

サ高住に決めた理由

(株)イチイでは自立型「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」に入居された方にご協力いただき、「入居時の意識調査」を行い、その集計及びデータ分析の結果をまとめました。

「自立型サ高住」はどのようなシニアから求められているのか?

今回の調査は、弊社が仲介・管理する高齢者向け住宅の中から23棟、667名を対象とし、サ高住への入居理由、入居者の入居形態、サ高住の月額費用などについて質問しました。

自立型サ高住の入居者に特化した意識調査は業界でも初めてだと思われます。サ高住への入居を検討する方に向けて、参考のためご紹介させていただきます。

親を呼寄せたい子の想いの受皿

厚労省による平成26年、1900名が対象の「サ高住(介護型含む)の入居者アンケート調査」によると、入居を決めた理由は「ひとり暮らしが不安になったため」がトップ(77%)を占め、第2位の「介護が必要だから」を上回りました。

一方、イチイの今回の「サ高住(自立型のみ)の入居者意識調査」によると、サ高住への入居理由の1位は「安心のため」、2位は「呼び寄せ」という結果になりました。「呼び寄せ」とは、離れて住む子どもが親を自分の家の近くに呼び寄せるということです。
都会で増える親の呼び寄せ問題|同居か?近居か?それぞれの事情と成功のポイント

50~60代の子ども世代にヒアリングすると、「地方の実家で暮らす年老いた親のことが心配」「家族の近くで生活してもらいたい」「孫の育児を手伝ってもらいたい」との声が少なくありません。自立型サ高住は、こうしたニーズに対する数少ない受け皿となっているのです。

サ高住の入居理由

その他の理由には、「配偶者に先立たれ心細くなった」「庭や家の維持が一人で大変」「家が広すぎる」などが上位を占めていました。

8割が単身入居、老後は賃貸へ

サ高住には、ひとり暮らしの入居者が約8割と多数を占め、残りの約2割が夫婦での入居。親子や兄弟姉妹のふたり入居も若干ありますが、圧倒的に単身での入居が多いという結果となりました。

厚生労働省の「我が国における高齢者の住まい等の状況について」によると、65歳以上の高齢者のいる世帯、および65歳以上の高齢夫婦世帯は、約8割が一戸建てに居住している一方、65歳以上の高齢単身世帯では、一戸建てよりも約6割が共同住宅に居住していることがわかります。

「家族と同居する高齢者」と「高齢者夫婦」の持ち家の割合が高いのですが、「ひとり暮らしの高齢者」の世帯は持ち家率が66%とぐっと低くなり、賃貸の割合がその分伸びています。

老いて戸建てにひとりで住むということは、家のメンテナンスや庭の樹木の手入れなども大変になってきます。
古い家屋の場合は冬の寒さも心配です。かといって、さらに、積雪のある地方などでは雪下ろしの作業は一人暮らしの高齢者にとっては過酷です。

入居者の入居形態

自立型サ高住の支払い月額は19万

それでは、いったいサ高住への入居にはいくらくらいの費用がかかるのでしょう?
イチイの今回の調査では、サ高住の家賃、共益費(管理費)・サービス料などの支払い合計額は、月額で平均すると191,479円となりました。

平均家賃との差額は42,757円で、これが共益費・サービス料などの平均額となります。大まかに計算すると、都内でサ高住に入居するには家賃が15万円ほど、管理費・サービス料が約4万円必要ということになります。

サ高住は、一般的な賃貸に暮らすよりは少し割高感はあります。
この値段が高いか安いかは、それぞれの方の生活基準によって異なりますが、シニアに特化した安心サービスが付いているので、一般的な賃貸マンションに暮らすよりは日々の生活を安心・快適に暮らすことができると思います。

国の統計によると、全国のサ高住で提供されるサービスは、状況把握と生活相談が100%、食事の提供96%、入浴などの介護46%、調理などの家事50%、健康の維持増進59%となっています。

サ高住の家賃、共益費、サービス料の合計額

まとめ

持ち家から賃貸の高齢者向けマンションに移り住む人は、今後も増えると予想されます。

住んでいる場所が都市部か田舎か、また、家族構成や年令、資金などによって高齢者の住まいの環境は違ってきます。ご自分の状況に適した中から、最善の選択をするためにもご家族との話し合い、またはご本人も元気なうちから老後の資金計画や生活設計を考えておくことが大切です。

自立型サ高住は老人ホームとは違い、好きなときに外出したり、ご家族やお友達を招いたりと、今まで通りに自由度の高い生活を送れます。高齢者向けのサービスが充実した賃貸住宅ですので、元気なシニアにはぴったりの住まいといえるでしょう。

自分で身の回りのことができるけど安心できるサービスも欲しい。
老後の生活をアクティブに楽しみたい。
同居は望まないけれど娘や息子家族の近くで暮らしたい。

そんなシニアの方は、ぜひ自立型サ高住をご検討ください。

(グッドライフシニア編集部 松尾)


関連記事
サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)とは?
高齢者にとって「戸建」てと「マンション」どちらが住みやすい? 
「サ高住」と「有料老人ホーム」を徹底比較|それぞれのメリット・デメリット

タグ: ,


高齢者施設の入居に関するご不安・ご不明な点などございましたらお気軽にご相談ください。
尚、お電話のお問合せの場合は「グッドライフシニア」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
フリーダイヤル 0120-117-258

グッドライフシニア問い合わせグッドライフシニア資料請求
相談実績1万件以上、サ高住都内物件数TOPクラス!
専任アドバイザーが、資料提供、見学会の手配・同行など、お部屋のご案内から契約までトータルサポートいたします。
グッドライフシニア新宿営業所 アドバイザー紹介

◆安否確認、緊急対応、食事サービスなどのサポートがある自立型高齢者向け賃貸住宅
サ高住の一覧
◆バリアフリー対応や緊急駆け付けサービスなどのある高齢者専用の賃貸住宅

◆24時間スタッフが常駐し、食事や身の回りの世話などの介助サービスを提供

ご成約者さま全員に1万円分のJCBギフトカードをプレゼント中です。