入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

フリーダイヤル 0120-117-258

サ高住、高齢者向け賃貸住宅、有料老人ホーム。あなたに合った住まいがきっと見つかる!

イチイの高齢者向け住宅情報

グッドライフforシニア

入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

0120-117-258

  • 月~土
  • 9:00~18:00
  • 祝日
  • 9:30~
  • 定休:日,第2・3水
無料で資料請求する
 

健康・病気予防

脳血管疾患1

介護が必要になるきっかけは、人それぞれ。加齢によって徐々に身体機能が低下する場合もあれば、予測していなかった病気やケガによって、ある日突然介護生活が始まる方もいらっしゃいます。今回ご紹介する「脳血管疾患」は、そんな突然の介護のきっかけとなる病気の一つです。脳血管疾患について理解を深め、予防を心がけていきましょう。

脳血管疾患(脳卒中)とは?

脳血管疾患とは、脳血管のトラブルによって脳細胞が破壊される病気の総称です。様々な種類がありますが、最もよく知られているのが「脳卒中」と呼ばれるものです。国の調査でも介護が必要になる原因として1位の認知症に続き第2位に入っている頻度の高い病気です。
脳卒中には、原因の異なる2つのタイプがあります。

出血性脳血管疾患

血管が破れることによって生じる脳卒中で、「脳出血」「くも膜下出血」が挙げられます。加齢に伴って発症率が上がっていくほか、長年にわたり高血圧を患っている方なども注意が必要です。

虚血性脳血管疾患

血管が詰まってしまうことで生じる脳卒中です。「脳梗塞」や、脳梗塞の前触れともいえる「一過性脳虚血発作(TIA)」があります。動脈硬化が原因で発症することが多く、高血圧や高脂血症、糖尿病や心臓の不整脈(心房細動)を持っている方は、特に気を付けなければなりません。

こんな症状が見られたらすぐに病院へ!

脳出血・脳梗塞・一過性脳虚血発作(TIA)

脳血管疾患2

・顔のしびれや麻痺、脱力感(★)
・右手足、左手足など半身に生じる麻痺や感覚異常(★)
・ろれつが回らないなどの言葉の異常(★)
・意識状態の悪化
・目が見えにくい
・歩行障害
・頭痛
・めまい
・嘔吐
・痙攣
・呼吸障害
など

 

脳出血と脳梗塞では、ほぼ同じ症状が見られます。一過性脳虚血発作も同様の症状を起こしますが、短時間(通常1時間以内)で消失するのが特徴です。
頭痛やめまい、嘔吐などは脳卒中以外の病気でもよく起こる症状なので、判断が難しいかもしれません。脳卒中を疑う際に重要なポイントは「突然起こる」こと、そして★印のついた「顔、腕、言葉の異常」を見逃さないことです。これらの症状が見られた場合には、すぐに救急車を呼び、病院に行くようにしてください。

くも膜下出血

脳血管疾患3

・頭を殴られたような激しい頭痛
・意識が朦朧とする、意識を失う
・嘔吐
・血圧の上昇
・手足の麻痺
・物が二重に見える
など

 

くも膜下出血の場合も、激しい頭痛が「突然起こる」のが特徴です。多くが吐き気や嘔吐を伴い、意識が朦朧としてきます。これらの症状が見られたら、速やかに病院に行くようにしましょう。
また、発症前の警告症状として、ズキズキとする頭痛が1日~2日程度持続することがあります。稀に風邪と勘違いするほど軽い頭痛の場合もありますので、油断は禁物です。物が二重に見える、見えにくいといった症状も感じる場合には、軽い頭痛であっても早めに受診するようにしてください。

もしも脳卒中になってしまったら・・・

脳卒中の後遺症

脳卒中の後遺症は、脳の損傷部位や程度によって症状が異なります。

脳卒中の主な後遺症
・身体麻痺(運動障害)
・身体の感覚が鈍くなる(感覚障害)
・言葉が出ない、理解できない(失語症)
・食べ物・飲み物を飲み込めない(嚥下障害)
・記憶力や注意力、行動力などに問題が起こる(高次脳機能障害)

 
これらの症状を改善し、生活の質を向上・維持するためには、発症後の適切なリハビリが重要となります。

リハビリの流れ

脳血管疾患4

病院で治療を受けて容態が安定した後、継続的なリハビリが必要と判断された場合には、回復期リハビリテーション病院(病棟)への入院手配を進めましょう。脳卒中発症後2・3ヵ月以降は「回復期」と呼ばれ、集中的なリハビリを早期に始めることで後遺症の改善が期待できます。

回復期リハビリテーション病院(病棟)に入院する

発症時に入院した病院の中に回復期リハビリテーション病棟が設置されていれば、そちらへの入院手続きを進めます。設置されていない場合には新たに病院を探して転院することになります。あらかじめ回復期のリハビリについて詳しいスタッフを確認しておき、今後の動きについて相談しておくと良いでしょう。
また、回復期リハビリテーション病院(病棟)への入院には条件や期間の定めがあるため、注意が必要です。

・入院条件:発症から2ヵ月以内に行うこと
・リハビリの頻度:最長3時間のリハビリを毎日受けることができる
・入院期間:150日間または180日間
※病状によって期間の上限が異なります。
※治療を継続することで状態の改善が期待できると主治医に判断された場合には、入院を継続し、同じ頻度でのリハビリを続ける場合もあります。

 
回復期リハビリテーション病院(病棟)は、医師の判定によって基準を満たせない場合や、転院までの期間に空床が出ない場合もあり、リハビリを必要と感じる方が必ずしも入院できるとは限りません。そんなときには、介護保険を利用する方法があります。

介護保険を活用し、介護老人保健施設(老健)に入所する

リハビリテーション病院への入院が難しい場合や入院期間が終わった方には、要介護認定を受けて介護老人保健施設(老健)に入所し、リハビリを継続するという方法もあります。
老健は在宅復帰を目的としてリハビリを行う介護保険施設です。利用するには「65歳以上」「要介護1以上の認定」という条件がありますが、脳血管疾患の場合には40~64歳の方でも認定を受けて利用することができます。身体介護や生活援助だけでなく、医師や看護師、リハビリ専門職などの職員体制が充実しています。
在宅復帰を目標としているため、入居期間は3~6ヶ月と限定的です。

リハビリ後に利用できるサービス

回復期リハビリテーション病院(病棟)や老健でのリハビリを終えた後も引き続きリハビリや介護が必要という方は、次のようなサービスの利用を検討してみてください。

自宅で生活しながらリハビリを受ける

・訪問リハビリテーション
・通所リハビリテーション(デイケア)

介護付き有料老人ホームに入所する

脳血管疾患5
自宅での受け入れが困難な場合、長期間安心して暮らせる「介護付き有料老人ホーム」への入居がおすすめです。理学療法士や作業療法士などの専門職が入居者の身体状況に合わせてリハビリを行ってくれるので、機能の維持・向上に継続して取り組むことができます。また、ラジオ体操や書道教室、カラオケなどのレクリエーション、お誕生日会や季節ごとの行事などイベントの充実した施設が多く、入居者が明るく前向きに過ごすことができる環境が整っています。

脳血管疾患による介護生活は、前触れなく突然やってきます。その時になって慌てることがないよう、前もって対応の流れを知っておくことが大切です。

(文:グッドライフシニア編集部 ライター熊戸 まこ)

タグ: , , ,


高齢者施設の入居に関するご不安・ご不明な点などございましたらお気軽にご相談ください。
尚、お電話のお問合せの場合は「グッドライフシニア」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
フリーダイヤル 0120-117-258

グッドライフシニア問い合わせグッドライフシニア資料請求
相談実績1万件以上、サ高住都内物件数TOPクラス!
専任アドバイザーが、資料提供、見学会の手配・同行など、お部屋のご案内から契約までトータルサポートいたします。
グッドライフシニア新宿営業所 アドバイザー紹介

◆安否確認、緊急対応、食事サービスなどのサポートがある自立型高齢者向け賃貸住宅
サ高住の一覧
◆バリアフリー対応や緊急駆け付けサービスなどのある高齢者専用の賃貸住宅

◆24時間スタッフが常駐し、食事や身の回りの世話などの介助サービスを提供

ご成約者さま全員に1万円分のJCBギフトカードをプレゼント中です。