入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

フリーダイヤル 0120-117-258

サ高住、高齢者向け賃貸住宅、有料老人ホーム。あなたに合った住まいがきっと見つかる!

イチイの高齢者向け住宅情報

グッドライフforシニア

入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

0120-117-258

  • 月~土
  • 9:00~18:00
  • 祝日
  • 9:30~
  • 定休:日,第2・3水
無料で資料請求する
 

高齢者施設を選ぶために大切な5つのポイント

施設選びの大事な5つのポイント

高齢者施設選びこれから“住み家”となる施設。元気な方が暮らすサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)や高齢者向け賃貸、介護付き有料老人ホームなど、それぞれご自分に合う住まいを選ぶためには、チェックすべき大切なポイントがあります。

こちらでは、高齢者施設の中でも需要の多い「サ高住」「高齢者向け賃貸」「有料老人ホーム」を選ぶうえで特に気を付けたいポイントをご説明していきます。

1、費用について

まず、1番のポイントとなるのが予算面です。いったい毎月いくらの「費用」がかかるのか?民間の有料老人ホームでは、初期費用として入居一時金がかかります。さらに居住費、食費、管理費、日常生活費や月額費用などがかかります。

公的な施設(老健・特養・療養型施設)は、入居一時金などの初期費用がなく、月額費用を毎月支払うという仕組みです。

サ高住の場合は、毎月の支払いは賃料、管理費や生活支援サービス費に、別途、オプションで食事サービスを利用した場合、利用した分だけを支払います。

また、民間の施設にも種類があるため、どの施設を選択するかによって費用に大きな差が出てきます。無理のない料金設定で、安心して住むことができる施設を選択することが大切です。

費用については、有料老人ホーム(介護付き・住宅型・健康型)入居にかかる費用をご覧ください。

2、地域や周辺環境

施設が立地している「地域」は、施設選びの際に大切になるチェックポイントです。サ高住の場合は、自立した生活を送りたい・慣れ親しんだ場所で暮らしを継続したい方が多いので、なるべく今ある家の近くで探すのが良いでしょう。遠方のご家族の近くに探すときには、環境の変化を考慮の上、施設を選択するようにしましょう。

介護付き老人ホームの場合は、娘さんや息子さんなど面会に通われるご家族の家からあまり離れていないエリアで探すのが最適だと思われます。また、施設が立地する地域によって、費用面に差が出てきます。地域と費用面を合わせて、ベストな施設選びをしましょう。

3、ケア・医療体制

安心してシニアライフを過ごすためには、施設でどのようなケアを受けることができるか事前に見て調べる必要があります。老人ホームの場合は、国が定める最低基準は、入居者3人に対し介護スタッフ1名以上です。スタッフが多ければ多いほど、手厚い介護を受けることが可能になります。

また、体調面を考慮した際、医療体制も重要なポイントです。特定の持病や疾患などがある場合は、対応してくれる施設なのか確認する必要があります。看護師が常駐しているのか、提携の医療機関が近隣にあるのか、緊急時の対応はどのようになっているかなど、医療体制がどれだけ整っているのチェックしましょう。

4、施設スタッフの質

入居し生活する際に、最も触れ合う機会が多いのが“施設スタッフ”です。そこで働くスタッフの雰囲気は良いか?ご自分に合っているか?など、施設で心地よい生活を送るために大切な要素です。

親切且つアットホームな雰囲気を提供してくれるスタッフがいる施設であれば、穏やかで安心した暮らしを送ることができるでしょう。施設見学の際、実際のスタッフの対応もチェックすることが大切です。

5、設備・リクレーションなど

介護付き老人ホームの場合は、施設の設備がしっかりとしているかどうかも重要なチェックポイントです。医療・介護に関する設備や、共有の設備。またイベントなどの娯楽面も整っているかも確認しましょう。

車椅子を使用した際、廊下や居室内でじゅうぶんに動くことができるスペースがあるかどうか・ドアは開けやすい形状であるかどうか・床の材質は滑りにくいものであるかどうか。

また、大浴場(温泉)があるかどうか・散歩をする庭や景色を眺めることができるバルコニーがあるかどうか・緑が多い環境かどうかなど、充実した生活を送ることができるかの判断が必要です。

有料老人ホームの選びのポイント

施設選び基本的に住宅型有料老人ホーム健康型有料老人ホームは要介護度が低く、自立した生活を送ることができる高齢者の方を入居者として想定しているため、介護サービスを受ける場合には外部の介護事業者に個別にサービスを依頼することになります。

施設内の設備については介護付き有料老人ホームよりも優れているところが多く、心身の健康状態に問題がなく、充実したシニアライフを送りたいという方に適していると言えます。

これに対し、介護付き有料老人ホームは施設側から介護サービスを受けることができ、介護にかかる費用も要介護度に応じた自己負担分を支払えばいいため、日常生活で介護を必要とする方に向いています。

このように、施設の種類によってどのような方を入居者に想定しているかが異なるため、施設のサービスや設備をよく吟味し、どのような生活を送っていきたいかを考えながら有料老人ホームを探すことがまず重要になります。

次に考えておく必要があるのは入居後の生活についてです。入居後、有料老人ホームに住むほかの入居者の方や職員と多岐にわたって交流することになります。

そのため、施設の雰囲気が自分に適しているかもよく考えておく必要があります。パンフレットを取り寄せるだけでなく、実際に足を運び、自分の目で施設の様子がどうかを確かめておくことが重要と言えるでしょう。

また、入居後に要介護度が上がった場合でも住み続けることができるかも考えておく必要があります。現在の心身の健康状態に問題がなくても、入居後に要介護度が上がってしまい、入居時と同じ生活を送れなくなった場合には、サービス付き
高齢者向け住宅と同様に退去や転居を命じられる場合があります。

そのため、入居前にはそうした将来のことについても相談し、どのくらい住み続けることができるかも視野に入れておく必要があります。

サ高住・高齢者向け賃貸住宅選びのポイント

サ高住選びサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、提供されるサービスや設備に幅があり、どの施設でも生活相談と安否確認のサービスを受けることができますが、ほかにも健康管理や食事提供などのさまざまなサービスを設けている施設があります。

高齢者向け賃貸住宅はサ高住のようなお食事サービスは付きませんが、各施設によって安否確認サービスや生活支援サービスなどに対応しています。

設備についても大浴場や共有リビングなどの入居者間の交流スペースを設けているところがあります。そのため、健康状態やどのような生活を送りたいかを考え、それを実現するのに必要なサービス・設備があるかを考えていくことが重要と言えるでしょう。

 加えて、サ高住・高齢者向け賃貸住宅を選ぶ際には、どの程度住むことができるかも視野に入れておく必要があります。施設の性質上、サービス付き高齢者向け住宅は自立できる高齢者の方を居住者に想定しており、すべての施設に介護サービスなどが存在するわけではありません。

したがって、入居後に要介護度が上がると必要な介護サービスを施設から受けることができず、やむなく退去や転居を命じられるケースも少なくありません。

要介護度が上がった場合の施設側の対処法など、生活面のことだけでなく将来まで見据えた住宅選びが大切と言えます。

まとめ

住み家となる施設選びは、非常に重要です。数ある施設の中で、自分が一番住みやすいと感じる施設に住むためにはご家族が資料を集め、ご本人も可能であれば見学会に行ったり体験入居をしたりして、事前の準備や確認をしっかりと行いましょう。

また、施設によっては、内部の様子を見学できるところや体験入居ができるところもあるため、これから暮らす施設の暮らしやすさ・雰囲気を知るために活用してみてはいかがでしょうか。

資料請求・施設見学時のチェックポイントは、こちらのリストを参考になさってください。高齢者施設を見学するときのポイント

(グッドライフシニア編集部)


  


相談実績1万件以上、サ高住都内物件数TOPクラス!
専任アドバイザーが、資料提供、見学会の手配・同行など、お部屋のご案内から契約までトータルサポートいたします。
グッドライフシニア新宿営業所 アドバイザー紹介

高齢者施設の入居に関するご不安・ご不明な点などございましたらお気軽にご相談ください。
尚、お電話のお問合せの場合は「グッドライフシニア」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
フリーダイヤル 0120-117-258

グッドライフシニア問い合わせグッドライフシニア資料請求
◆安否確認、緊急対応、食事サービスなどのサポートがある自立型高齢者向け賃貸住宅
サ高住の一覧
◆バリアフリー対応や緊急駆け付けサービスなどのある高齢者専用の賃貸住宅

◆24時間スタッフが常駐し、食事や身の回りの世話などの介助サービスを提供

ご成約者さま全員に1万円分のJCBギフトカードをプレゼント中です。