入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

フリーダイヤル 0120-117-258

サ高住、高齢者向け賃貸住宅、有料老人ホーム。あなたに合った住まいがきっと見つかる!

イチイの高齢者向け住宅情報

グッドライフforシニア

入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

0120-117-258

  • 月~土
  • 9:00~18:00
  • 祝日
  • 9:30~
  • 定休:日,第2・3水
無料で資料請求する
 

健康・病気予防

腸内フローラ

健康を維持しながら長生きしたい!そんな願いを叶えるための手段として「腸内フローラを整えること」が重要なポイントであることがわかってきました。
毎日のちょっとした食生活の心がけで、この腸内フローラを良い状態にすることが可能です。そのコツを知って、健康で長生きをめざしましょう。


腸内フローラとは

私たちの小腸から大腸には、多くの細菌が生息しています。この細菌の数は1,000兆個以上にもなるといわれ、驚くことに1,000種類も存在しています。

腸の中を顕微鏡で覗いてみると、これら多数の細菌が腸の壁にきれいに並んでいる様子がみられるとのこと。この様子が、まさにお花畑(英語でフローラといいます)のように見えるため、腸内フローラと呼ばれているのです。

腸内細菌の中でも善玉菌が大切!

腸の中に存在する1,000兆個以上もの細菌、それら全ての重さは、なんと約1.5kgもあります。その中には、3日ほどで体の中から排出されてしまうものもあれば、腸の中に長期で住み続ける菌も存在しており、大きく以下の3つのグループに分けられます。
それぞれ働きが異なり私たちの体に与える影響も違うため、まずはこれらについて理解しましょう。

★善玉菌15%(良い働きをする菌)

★悪玉菌10%(悪い働きをする菌)

★日和見菌75%(善玉菌と悪玉菌、いずれかのより強い方に味方する菌)

おおよそ上記のバランスで腸内に存在しますが、人によってその割合は異なります。もしもバランスが崩れて悪玉菌の方が多くなってしまうと、日和見菌が悪玉菌の味方についてしまうため、腸内環境が悪くなってしまうのです。
そうならないために、善玉菌を常に優位に保つことがとても大切です。

腸内環境と健康の関係

善玉菌、悪玉菌には、それぞれ健康と密接な関わりがあります。

善玉菌

⇒善玉菌の代表には乳酸菌やビフィズス菌などがあり、免疫力を強くすることで病原菌の感染を防いだり、がん細胞の発生を抑制したりします。
その他、老化や糖尿病の予防、便秘の解消、アレルギーの軽減なども期待できます。

悪玉菌

⇒下痢や便秘などの症状を引き起こしたり、動脈硬化を促進し心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こす原因になったりすることがあります。その他にも、発がん物質と戦う力が弱まったり老化が進んでしまったりすることも・・・。
ただし、善玉菌が退治できない悪い菌を排除する力があるため、ある程度は体に必要な菌でもあります。

このように、善玉菌が人の健康によい影響をもたらすため、常にこの善玉菌を優位な状態に保ち日和見菌を味方につけることが大切。腸内フローラを整えることが、私たちの健康を維持することにつながるのです。



高齢者施設の入居に関するご不安・ご不明な点などございましたらお気軽にご相談ください。
尚、お電話のお問合せの場合は「グッドライフシニア」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
フリーダイヤル 0120-117-258

グッドライフシニア問い合わせグッドライフシニア資料請求
相談実績1万件以上、サ高住都内物件数TOPクラス!
専任アドバイザーが、資料提供、見学会の手配・同行など、お部屋のご案内から契約までトータルサポートいたします。
グッドライフシニア新宿営業所 アドバイザー紹介

◆安否確認、緊急対応、食事サービスなどのサポートがある自立型高齢者向け賃貸住宅
サ高住の一覧
◆バリアフリー対応や緊急駆け付けサービスなどのある高齢者専用の賃貸住宅

◆24時間スタッフが常駐し、食事や身の回りの世話などの介助サービスを提供

ご成約者さま全員に1万円分のJCBギフトカードをプレゼント中です。