入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

フリーダイヤル 0120-117-258

サ高住、高齢者向け賃貸住宅、有料老人ホーム。あなたに合った住まいがきっと見つかる!

イチイの高齢者向け住宅情報

グッドライフforシニア

入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

0120-117-258

  • 月~土
  • 9:00~18:00
  • 祝日
  • 9:30~
  • 定休:日,第2・3水
無料で資料請求する
 

新着情報

介護予防1


高齢者の方が毎日を健やかに自立して生活できるよう支援する「介護予防」について、概要やサービス利用の流れをわかりやすく解説いたします。

介護予防とは?

介護予防とは、65歳以上の高齢者が「要介護状態の発生をできる限り防ぐ(遅らせる)こと」「要介護状態にあってもその悪化をできる限り防ぐ、さらには軽減を目指すこと」を目的とした、さまざまな取り組みのことです。

各市区町村が設置する「地域包括支援センター」がマネジメントを行っています。

介護予防は、単に高齢者の運動機能や栄養状態などの改善だけを目指すものではなく、心身機能の改善や環境の調整を通して高齢者の生きがいや自己実現をサポートし、生活の質を向上させることを目標としています。
具体的には、次のようなものがあります。

<介護予防の一例>
・適度な運動による運動器の機能向上
・栄養状態の改善による身体機能の改善
・食事・会話・笑顔のもとになる口腔機能の維持・向上
・閉じこもり予防による生活全般の活性化
・認知機能低下予防
・うつ予防

 

介護予防を図るために必要なことは、生活機能を高めることです。

高齢者の生活機能には、基本的日常生活動作能力(Basic Activity of Daily Living;BADL)と呼ばれるものがあります。これは歩行や移動、食事、更衣、入浴、排泄、整容などの基本的な身体動作を行う能力のこと。このBADLを高めていくことが、介護予防につながります。

介護予防サービスを利用できるは誰?

介護保険制度では、介護サービスの利用限度枠を決定するために「要介護認定」という基準を設けています。全部で7段階あり、介護度が低い方から「要支援1・2」「要介護1~5」があります。

介護予防サービスの対象者は、主に要支援1・2に認定された高齢者と、非該当となった自立している健康な高齢者とされています。

介護予防サービスを利用するには、まずお住まいの市区町村の介護認定申請窓口に相談しましょう。もしくは、最寄りの地域包括支援センターに相談し、要介護認定を代行申請してもらうこともできます。

要介護認定で「要支援」や「非該当」になった場合は、地域包括支援センターがその後の担当窓口となり、一人ひとりに合わせて介護予防サービスの組み合わせを決定してくれます。

どんなサービスが受けられるの?

介護予防2

介護予防サービスには、国の提供する「予防給付」と、各自治体が提供する「介護予防・日常生活支援総合事業」(以下「総合事業」といいます)の2種類があります。それぞれの特徴と内容について、ご紹介していきます。

予防給付で受けられるサービス

予防給付とは、国が提供している介護保険サービスです。要介護認定において要支援1・2と認定された方が利用できます。

またその中でも、全国一律のサービスと、お住まいの市区町村によって内容が異なる地域密着型介護予防サービスの2つがあります。地域密着型の方は、原則として他の地域のサービスを利用するこができません。

全国一律の介護予防サービス

・訪問入浴介護
・訪問看護
・訪問リハビリテーション
・通所リハビリテーション
・短期入所生活介護
・福祉用具貸与

地域密着型介護予防サービス

・認知症対応型通所介護
・小規模多機能型居宅介護

 

総合事業で受けられるサービス

総合事業とは、介護保険制度の中でも市区町村が主体となって運営する事業のことです。要支援1・2の方だけでなく、非該当となった自立している高齢者も利用することができます。

自治体によってサービス内容はさまざまで、要介護認定の結果によっても利用できるものが異なります。

・訪問介護(ホームヘルプ)
・通所介護(デイサービス)
・生活支援サービス(栄養改善を目的とした配食、定期的な安否確認・緊急時対応など)
・住民運営の通いの場の充実

元気なうちから積極的に介護予防を!

介護予防4

要介護認定で要支援1・2と認定された方には、国の予防給付を受けずに自治体の総合事業のみを利用するという選択もあり、窓口でそのように勧められることがあります。

もちろん、個々の状況に合わせてそれが最適であれば問題ありませんが、中には本来受けるべき予防給付のサービスを受けずにいることで、症状が悪化してしまうケースもあります。

窓口では対象者の状態や症状をしっかりと伝え、相談しながら、受けたいサービスを主体的に決めていくことが大切です。

いつまでも自分らしく自立して生活するために、元気なうちから積極的に介護予防に取り組むことが大切。そして、社会全体の負担を減らして、支えあい(介護保険制度)を持続可能なものにすることで、現役世代も高齢者も笑顔でいられる、本当の意味で喜ばしい長寿社会を目指していきましょう。

こちらの記事も参考にしてみてください。⇒■老後もイキイキと暮らすために!介護予防の必要性
 

(文:グッドライフシニア編集部 ライター熊戸 まこ)


【関連記事】


タグ: , , ,


相談実績1万件以上、サ高住都内物件数TOPクラス!
専任アドバイザーが、資料提供、見学会の手配・同行など、お部屋のご案内から契約までトータルサポートいたします。
グッドライフシニア新宿営業所 アドバイザー紹介

高齢者施設の入居に関するご不安・ご不明な点などございましたらお気軽にご相談ください。
尚、お電話のお問合せの場合は「グッドライフシニア」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
フリーダイヤル 0120-117-258

グッドライフシニア問い合わせグッドライフシニア資料請求
◆安否確認、緊急対応、食事サービスなどのサポートがある自立型高齢者向け賃貸住宅
サ高住の一覧
◆バリアフリー対応や緊急駆け付けサービスなどのある高齢者専用の賃貸住宅

◆24時間スタッフが常駐し、食事や身の回りの世話などの介助サービスを提供

ご成約者さま全員に1万円分のJCBギフトカードをプレゼント中です。