入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

フリーダイヤル 0120-117-258

サ高住、高齢者向け賃貸住宅、有料老人ホーム。あなたに合った住まいがきっと見つかる!

イチイの高齢者向け住宅情報

グッドライフシニア

入居相談・資料請求はお気軽にどうぞ

0120-117-258

  • 月~土
  • 9:00~18:00
  • 祝日
  • 9:30~
  • 定休:日,第2・3水
無料で資料請求する
 

60代〜70代の筋トレ事情!「筋活」で人生100年時代を健やかに過ごそう

筋活年齢を重ねるにつれて気になるのが体力の低下です。階段の上り下りが辛かったり、何もないところで転びそうになったり、「足腰が衰えてきたな」「すぐに息が上がってしまうな」と感じたことはありませんか?

最近は高齢者向けのトレーニングを行っていたり、専門知識を持つトレーナーがいるジムも増えているそう。

トレーニングに興味はあるけど自分にできるかな?と迷っている方、今回はジムでのトレーニングについて、体験者の声も交えてご紹介します。

  

1.年齢と共に筋肉が落ちていく!?

筋肉量 図
出典:タニタ/「ロコモその原因と対策」

残念ながら年齢と共に筋肉量は落ちていきます。上記のグラフを見てわかるように、特に下肢(下半身)の筋肉が落ちていくのが気になりますね。

下半身の筋力が落ちると怪我もしやすくなります。高齢になればなるほど、小さな怪我から動くのが億劫になり、外出も控えるようになって、ますます体力が低下してしまうことも。

日頃から適度な運動で体力・筋力アップしたいですね!
  

2.60代70代の約1割がジムでマシントレーニング!

筋トレ 図

出典:STRATE/『60代70代を対象とした筋トレに関するアンケート』

STRATEの調査によると、60代70代でジムのトレーニングを行っているのは約12%。少ないようにも思えますが、10人のうち1人はトレーニングを行っていると考えると印象が変わりませんか?

60代70代からの筋トレデビュー、実は少なくないようです。では、体験者の声も見ていきましょう!
  

3.【体験談】シニアの筋トレ楽しんでます!!

筋活筋トレというと、重いバーベルを持ち上げたり、筋肉隆々の男性がランニングマシーンで汗を流しているイメージがあります。

でも実際にはストレッチ中心や自重(自分の体重を負荷にする)トレーニングなど、各自の体力に合わせた運動を指導してくれるジムもたくさんあります。

最近は高齢者向けの設備やミドルエイジからシニアに特化したジムも。そんなジムに通っている皆さんの声を紹介します。
 

(Oさん/69歳)
ウォーキング程度で他に運動といっても何をしていいのかわからず……。そこで近くのジムに行ってみるとスタッフが複数いて、最初に体力や健康チェックもあり、しっかりしているのでいいなと思い入会。器具を使った運動をしていると、鍛えてるなという自信もつき、終わったあとは爽快な気持ちになる!

  

(Aさん/70歳)
週に何回と決めず、天候や気分によって気楽に通っているので続いています。なんとなくですが、下半身がしっかりしてきた感じもするし、何より気分転換になるのがいいですね

  

(Nさん/67歳)
思ったより同年代の方もいて驚きました。曜日が決まっていますがシニア向けのストレッチを指導してくれるので、この日にストレッチ、ランニングマシーン(といってもほぼ早歩き程度)、それと簡単なマシン運動をしています。行った後は体が温まり、頭もスッキリするのがとてもいいです

  

4.【体験談】60代〜70代にパーソナルトレーニングも人気

筋活パーソナルトレーニングはマンツーマンでトレーナーが指導してくれるトレーニングです。

簡単なトレーニングでも姿勢や体勢が正しくないと効果は半減してしまうこともあります。また無理なトレーニングで体を痛めてしまったら本末転倒ですね。

ジムが「自習室」、トレーナーが見回ってくれるジムが「塾」だとすれば、パーソナルトレーニングは「家庭教師」。料金は高めですが、それだけきめ細かいサポートを得られます。
 

(Wさん/71歳)
自治体のトレーニングジムを使っていたが、最初にやり方を習ってもすぐ忘れてしまう。70歳をすぎてから足腰の衰えがひどく、今やらねば寝たきりになってしまう!と自分に喝を入れるつもりで、パーソナルトレーナーを頼みました。お金をかけるとケチな自分はやめられない(笑)運動した後は食事もおいしいし、習慣になりつつあるので良かったと思う

 

(Uさん/74歳)
ジムの区切られたスペースでストレッチと自重トレーニングを中心にマンツーマンのレッスンを週に1回行っています。私は体力が本当にないのですが、1対1なので、周囲の目も気にならず、本当に簡単な運動でもトレーナーさんが励まし、褒めてくれるのでやる気がでます。多少の出費は「これからの健康のため」と思えば安いものです

 

(Iさん/73歳)
私は70歳の誕生日から半年ほど週2回パーソナルトレーニングを受けました。下半身を中心にトレーニングをし、その後は週1回、月2回と減らしていきました。マンツーマンは料金が高いので最初は短期間集中で行い、あとは徐々に減らして、体力チェックやアドバイスをもらうために今は月に1回のみパーソナルにし、それ以外は普通にジム会員として月額料金で利用。これなら費用の負担もそれほど大きくないのでおすすめです

 

5.そろそろ「自分の体」に投資してみませんか?

充実したシニアライフを過ごすためにも、「自分の体に投資する」のは良い選択肢のひとつです。

趣味や旅行を楽しむのも、健康な体あってこそです。年齢と共に体力が低下していくのは当然といえば当然のこと。しかし、きちんとした指導のもと、少しずつトレーニングを積んでいけば、体力低下を防ぐことが期待できます。

今回はジムについてご紹介しましたが、簡単なストレッチをする、買い物に少し遠いスーパーまで歩く、1階分だけは階段を使うなど、普段の生活で運動を取り入れることから始めてみるのもおすすめです。

もし体を動かすのは楽しい、もっと真剣に取組みたいと思ったら「筋トレ」に挑戦してみるのもいいかも!新しい趣味のひとつと考えて楽しく運動を続け、人生100年時代を健やかに過ごしたいですね。


大橋 礼筆者:大橋 礼
主に教育・ライフスタイルを中心に執筆するフリーライター。自身の介護経験と親世代・子世代両方の視点から取材を行いリアルな声を届ける。サードエイジ世代の新しい暮らしと50代からの豊かな人生を求めて模索中。

ヘルス
シニアのためのウォーキング術|無理なく楽しく歩いて健康に!
お酒は体に良いの?悪いの?アルコールとの上手な付き合い方
【歯科医監修】70歳から虫歯急増!歯の数を減らさない7つのお口ケア
骨粗しょう症の原因と予防法
LDL(悪玉)コレステロールは何が「悪」?体への影響を知って動脈硬化を予防しよう
高齢者の減塩食はまずい?美味しく食べる4つのコツ
サルコペニア肥満で認知症のリスクが上がる!?
趣味や生きがい
初心者&シニアのためのSNS|注意点とメリット・デメリットは?
高齢者の趣味は生きがいに繋がる!アイデア6つとその重要性
人生100年時代を楽しむ!生涯学習で活き活きシニアライフを
ダイエット
糖質制限ダイエットの効果や注意点|おすすめの食材やNGの食材は?
【実体験】地味だけど効果バツグン!簡単レコーディングダイエット
おやつを食べて肥満予防!?健康なシニアがしている間食の摂り方
善玉菌を増やして腸内フローラを整えよう!美容と健康、ダイエット効果も
お腹痩せ簡単ダイエット!「腹凹歩き」効果と方法
足のむくみ解消!脚を閉じたり開いたり「足パカ体操」で簡単に下半身痩せ


LUMISIA浦安舞浜第二の人生を充実に過ごすためのシニア向け賃貸!ミサワホーム【LUMISIA浦安舞浜】コンシェルジュによる生活サポートに加え、レストラン、大浴場、貸切ジャグジーなど完備。上質の住空間で快適な生活が実現できるシニア専用の住まいです。2021年11月21日


高齢者夫婦旭化成「ヘーベルVillage」は、60歳以上のシニアが安心快適に暮らせるサービスの付いた賃貸住宅です。
旭化成「ヘーベルVillage」、その魅力とは?
首都圏の「ヘーベルVillage」一覧ページ2021年11月24日

タグ: